ウォーターサーバーどれを選べばいい?
水宅配 比較 ランキング

水分補給、をウォーターサーバーの水で活用する

普段、喉の渇きを覚えてから水を飲む私たち。でも、渇きはすでに体の水分量の1%が喪失した兆候であり、脱水状態に突入したことを知らせるシグナルなのです。すでに血液粘度も高まっているでしょう。

排尿や排便だけでなく、皮ふや呼吸から気がつかないうちに水分は失われています。それを不感蒸泄といいますが、蒸発する汗は500ml以上で、夏ともなればもっと増えます。また呼気からも50mlが体外に排出されます。

水分の体内バランスシートはイラストのようになっていて、1.2Lの水分をとらないと水循環に狂いが生じてしまうのです。1.2Lといえば結構な量、意識的に水分補給をしなければならない理由がわかっていただけたでしょうか。

ノドが渇く前に水を飲む――。減った分はすぐに補給するべきで、体内の水循環システムを整えるためには積極的な水分補給が求められます。

日ごろからお茶やコーヒーを飲んでいるから安心と考えるのは禁物です。カフェインを含む飲料には利尿作用があり、飲んだ分量以上の水分を体外に排出してしまいます。 入浴後のビールも実はイエローカード。ただでさえお風呂で汗をかき水分不足になっているのに、さらにアルコールの利尿作用が追い討ちをかけ、水の体内循環を阻害します。

なお、濃い糖分やミネラルを含んだ飲料は浸透圧の関係で吸収に負担がかかり、スポーツドリンクも薄めて飲んだほうがいいともいわれています。

水分不足を補うためには水に勝るものはありません。水ならば腎臓でのろ過も楽に行えるのです。

腎臓や心臓に障害がある方以外、体が要求するだけ水は飲んで構いません。不必要な分は排出され、有害物質や老廃物をも洗い流してくれます。また、そのくらい意識しなければ、1.2Lという水分量はなかなか補給できにくいともいえるのです。


Posted by ddpp on 7月 20th, 2014 :: Filed under 水の豆知識

ウォーターサーバーの水に注目

水は人間にとって必ず必要なものです。

毎日飲むウォーターサーバーの水は、水道の水とは違う点が沢山あります。

豊富なミネラル成分が入っていたり、不純物が一切入っていなかったり、安心安全な水であることは間違いありません。

そんな水の秘密に迫ってみましょう。

 大人の体重の約6割は水分で作られています。赤ちゃんに至っては体のほぼ8割が水分で構成されています。そんな私たちの体液にはナトリウムやカリウム、カルシウムなどの鉱物(ミネラル)が溶けていますが、その成分比率が海水に酷似していることはご存知でしょう。太古の時代に海中で誕生した生命は、体の内側に「海」を抱えることで陸上生活ができるようになりました。

私たちにもその仕組みは継承されています。

中東やアフリカの厳しい環境に生きる砂漠の民がターバンや分厚いマントで身を被って暮らすのも、直射日光や乾燥から体内の「海」を守る生活の知恵なのです。 体のなかの水分は酸素や栄養素を溶かし込んで細胞に運び、また不必要で有害な老廃物を体外に排泄する役割を担っています。

1日に腎臓を通過する水分は体重の3倍といわれ、体重60kgの人ならなんと180Lにもおよびます。それほどの大量の水を媒介にしないと生命活動は維持できないのです。

つまり体内の「海」である「水の循環システム」こそが生命の基礎。5%の水分が失われただけで体調に大きな異変が生じ、10%ともなると生命の危機にみまわれます。夏に多発する熱中症の怖さもここにあります。 さらに食物をとらなくても水さえあれば、ある程度(脂肪の多い人なら1ヵ月)は生きられますが、水を飲めないと人間は3日ともたないそうです。水分に溶けたカタチでしか代謝が行えず、水が不足した状態では蓄えられた脂肪などの栄養素も分解・吸収できなぐなるからです。

それほど重要な水の循環システムですが、そのことを私たちはどれほど意識しているのでしょう。みずみずしい体と心の健康に水は欠かせません。水の奇蹟によって生まれた私たちの生命は、ウォーターサーバーのが大きな支えとなっているのです。


Posted by ddpp on 7月 9th, 2014 :: Filed under 宅配水の比較