保険相談のコツ
保険の窓口で保険相談

水から生まれた人間

人間の体は60パーセントが水

私たちの生命は、母親の子宮の羊水の中で始まります。卵子と精子が受精して、子宮に着床したばかりの胎児は、じつにその97パーセントが水でできています。つまり私たち人間は、ほとんど水に近い存在として、この世に生を受けるのです。

それは、人間という生物のルーツに関係しています。そもそも地球に生命が誕生したのは。水”という物質の持つ不思議な作用によってでした。今からおよそ38億年も昔のこと、海底のいたるところで噴き上がっていた熱水と、海水の有機物とが化学反応を起こし、地球で最初の生命体が生まれました。その原始的な生物が、海の中で数十億年もかけて細胞分裂を繰り返した結果、やっと目に見える大きさの生物となり、やがて海から陸に上かって両生類、爬虫類、哺乳類、そして人間へと進化していったのです。

受精したばかりの胎児がほとんど水に近い存在なのは、この太古の記憶の名残りと考えられています。私たちは38億年前と同じように、水の中で原始的な生命体として生まれ、そして、お母さんの羊水の中で、生物の進化の過程をなぞるように成長していきます。

やがて胎児の水分は少しずつ減少し、誕生の時を迎えます。生まれたての赤ちゃんは、それでも体重の80パーセント近くが水。赤ちゃんの肌がすべすべして、みずみずしいのはそのためです。赤ちゃんの体に水分とが多いのは、成長するために新陳代謝を繰り返す過程で大量の水を必要とするから。

子育ての経験をした人なら、赤ちゃんが小さい体のわりに、たくさんのミルクを飲むので驚いた記憶があることでしょう。それも成長のために必要な水分を補給するためです。 しかしそのたっぶりの水分も、乳児から幼児、そして小学生、中学生へと成長すると同時にどんどん失われていきます。そして成人になる時には、体重の65パーセント程度まで減ってしまいます。

女性の場合は男性よりももっと水分が少なく、60パーセント程度にまで減少します。それでも、人間の体重のじつに60パーセントが水でできているのです。体重の6割が水であるということは、あなたの体重が仮に50キロとすると、体内に30リットルもの水を抱えているということ。30リットルといったらミネラルウォーターのペットボトル20本分。それだけの水が、体の中に貯蔵されていることになるのです。しかし、不思議なのは、それだけの水が体のどこに隠されているかということ。


Posted by ddpp on 9月 19th, 2014 :: Filed under 体にいい水
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Type your comment in the box below: