保険相談のコツ
保険の窓口で保険相談

活水器は磁気や特殊な石の作用でおいしい水をつくる

ウォーターサーバーが家庭に導入されるようになって、珍しくありませんが、活水器や浄水器なども昔から水道水に使われてきました。

このところ、「活水器」という名称で販売されている「おいしい水商品」が増えているが、もともと活水器という名称は、浄水器と違って一般に広く認知されたものではない。現在市販されている活水器と称する商品の多くは、水道水を活性化し、体にいい水をつくると言って売っているが、どうすれば水を活性化することができるのだろうか。

水を活性化するためには、水にエ不ルギーや特定の物質を加える必要がある。身近な例では、水に熱を加えると湯になり、食品をゆでたり蒸かしたりできるようになり、体や衣類の汚れも水よりはよく落ちるようになる。熱を加えることによって活性化し、普通の水にはない機能を持つようになったわけで、そのような意味ではお湯も活性水といえる。

活水器は水を活性化する機構を組み込み、水を活性水に変える機器で、水に含まれるカナ気やカルキ臭を取るための浄水器とは機能的には異なるものだ。アルカリ水も電気分解によって活性化されたものだが、それをつくる器具は、整水器の名称を付けて売られている。現在活水器として販売されている商品は、磁気やミネラルを加えたり、セラミックスや天然の鉱物に水を接触させ、水を活性化するというものがほとんど。

活性化すると水がどんな特別の機能を持つようになるかは、その活性化する方法によってさまざま。例えば磁石の磁気力で水を活性化した「磁化水」は、水道管の錆や水垢が除去される、流しの瀧りがなくなる、磁気で水分子の集合体(クラスター)が細かく切断され、体に吸収されやすくなる、などの効果があるとメーカーは説明している。一方セラミックスや鉱物を使ったものは、その素材によって効果も違ってくるが、ある種の鉱物と接触させることにより、細菌の繁殖が抑えられる、いやな臭いが消える、切り花が長持ちする、植物の生長が促進される、体に有害な活性酸素を中和する還元水になるなど、いろいろな効用がパンフレットなどには書かれている。


Posted by ddpp on 8月 24th, 2014 :: Filed under 体にいい水
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Type your comment in the box below: