保険相談のコツ
保険の窓口で保険相談

定額保険、変額保険の違い

生命保険を、契約期間中の保険金額の決まり方によって分けると、「定額保険」と「変額保険」に分かれます。

1) 定額保険

「定額保険jは、加入時に決めた保険金額が、保険期間を通じて変わらないものです。加入の目的に応じて、たくさんの種類が発売されています。

2)変額保険

「変額保険Jは、保険金額や解約返れい金額が、保険の資産運用の実績に応じて変動するものです。この保険では、資産運用の成果はすべて契約者に還元されるため、保険金額や解約返れい金額は、運用の成果がよければ、大きくなるし、反対に成果があがらなければ小きくなります。このため、満期保険金や解約返れい金は保証きれていません。このように運用成果が期待できる反面、投資の危険性も大きいため、変額保険の資産は、定額保険の資産とは別に運用されています。定額保険の資産が一般勘定で運用されているのに対し、変額保険の資産は特別勘定で運用されています。また、変額保険には、一生涯の死亡保障がある終身保険タイプの終身型と、満期までの死t保障があり、満期まで生存したときに満期保険金が支払われる養老保険タイプの有期型があります。

(3) 定期保険、養老保険、終身保険

生命保険を、保険金が支払われる保証期間によって分けると、保証期聞が一定期間のものと、一生涯続くものに分かれます。それが「定期保険」と「養老保険」、「終身保険」ですにれを、外資系生命保険会社では13つの基本型」と呼んで、いる。なお、ここでは個人年金保険は割愛する)。1)

定期保険

「定期保険Jは、10年、20年といった一定の期間を決めて、その聞に死亡した場合にのみ保険金が支払われる保険です。3つの基本型のなかで保

険料は最も安〈、一定期間に高額の保障が必要な人に効果的てす。ただし、
貯蓄’性はゼロで(保険期間が長い場合は解約返れい金が発生する)、保険
期聞が終了しでも満期保険金はありません。

2) 養老保険
「養老保険Jは、定期保険と同様に、一定の期間を決めて、その聞に死
亡した場合に保険金が支払われる保険ですが、定期保険との違いは、3つ
の保険のなかで貯蓄性が最も高〈、保険期間が終了すると、死亡保険金と
同額の満期保険金が支払われます。当然、保険料は最も高くなります。

3) 終身保険

保証期間を決めないで、、一生涯の保険があるのが「終身保険」です。人
はいつかは必ず死亡するのですから、必ず保険金が必要となる人に最適で、
す。また、貯蓄性も高く、一定期聞の経過後(保険料払込み終了後など)
には解約返れい金が貯まるため、加入者の希望で保障と貯蓄のどちらかを
選択することができ、合理的な使い方ができます。


Posted by ddpp on 3月 27th, 2016 :: Filed under 保険無料相談
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Type your comment in the box below: